ワード技研

3Dリバースエンジニアリング

3D Reverse Engineering

3Dリバースエンジニアリングとは

金型の製造は、現在、CADシステムによって設計した3次元モデルデータより
3次元NCデータにて加工されます。しかし、3次元モデルデータでは
表現できない形状等は手作業で修正され金型が完成します。
出来上がった金型の手修正部を測定し3次元モデルデータ化する事により、
3次元NCデータ作成が可能になるので金型の複製が短期間で可能となります。

3Dリバースエンジニアリングの特徴

出張可能

測定物の近くまで測定器を移動(出張)し測定します。

豊富な経験実績

様々な測定経験より、最速測定作業を提供します。

現場で確認・検証

測定結果をその場で確認、検証。

CADデータ

測定物の特徴に応じたCADデータの作成、提供を致します。

高い測定精度

測定環境に適した測定精度が可能。

測定器

ATOS Compact Scan 5M

ATOS Core 300

TRITOP

ATOSは工業製品向けのハイエンド非接触光学式3次元デジタイザです。
素早く、高精度に3次元デジタルデータ化することで、製造プロセスを最適化、生産フローを改善します。
測定対象物に触れることなく表面状態と形状を点群データやポリゴンメッシュとして精密に表現し、
3次元データ化します。すでにATOSは様々な工業製品の計測に幅広く使用されています。

測定精度

業務の流れ

❶ フェンダー

❷ 測定作業

❸ 測定データ

❹ 検査データ

❺ スイングアーム

❻ 測定データ

❼ CADデータ

測定後のSTLデータより、CADデータを作成します。

CADデータ作成時には、

  • ①製品設計を考慮
  • ②プレス金型の場合は、プレス要件を考慮
  • ③幾何形状と曲面を考慮

等の形状特徴を考慮したCADデータを作成。

測定作業時は、早く、正確に作業を行い、できる限りの測定対象を測定します。

カメラ式測定であり、ハレーションを嫌いますので、表面に光沢がある場合は、光沢を抑える粉末を塗布します。

尚、測定精度には影響はございません。

制作実績

3Dリバース
エンジニアリング

3D Reverse
Engineering

自動車
ボディー設計

Car Material
Design